500円でわかるウィンドウズ10 最新版

ウェブ特典
トラブル解決Q&A集

Q
「安全な取り外し」の操作が面倒!
A
アイコンを自動表示させる
USBメモリを取り外すときは、「安全な取り外し」操作を行う。この操作を実行するアイコンは通常はタスクバーに表示されないので、機器を取り外すたびにアイコンを呼び出す必要がある。アイコンを自動表示する設定にすれば、面倒な操作を省くことができる。

「安全な取り外し」を自動表示する

「安全な取り外し」アイコンは、デスクトップ右下の「∧」アイコンをクリックすると表示できる。自動表示するには「設定」の「個人用設定」から、表示するアイコンの設定を変更する。
1
スタートメニューの「設定」をクリックして、「設定」画面で「個人用設定」をクリックする。
スタートメニューの「設定」をクリックして、「設定」画面で「個人用設定」をクリックする。
2
「タスクバー」をクリックし、「タスクバーに表示するアイコンを選択します」をクリックする。
「タスクバー」をクリックし、「タスクバーに表示するアイコンを選択します」をクリックする。
3
表示するアイコンを選ぶ画面が表示される。「エクスプローラー」の「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」をクリックして「オン」にする。
表示するアイコンを選ぶ画面が表示される。「エクスプローラー」の「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」をクリックして「オン」にする。
4
以降はUSBメモリを接続すると、タスクバーにアイコンが自動で表示されるようになる。接続した機器を取り外すときは、アイコンをクリックして「(USBメモリ名)の取り出し」をクリックする。
以降はUSBメモリを接続すると、タスクバーにアイコンが自動で表示されるようになる。接続した機器を取り外すときは、アイコンをクリックして「(USBメモリ名)の取り出し」をクリックする。
一覧に戻る