500円でわかるウィンドウズ10 最新版

ウェブ特典
トラブル解決Q&A集

Q
ファイルを削除する前に確認したい!
A
削除の確認画面を表示する
パソコン本体に保存したファイルやフォルダーを削除すると、デスクトップの「ごみ箱」に移動する。操作ミスによる削除を防ぐには、削除の確認画面を表示させるように設定すればよい。確認画面で「はい」ボタンをクリックしなければ削除されないので、大事なファイルを保護できる。

「ごみ箱」の設定を変更する

削除の確認画面を表示させるには、「ごみ箱」のプロパティ画面を開いて設定を変更する。確認画面が毎回表示されてわずらわしいときは、設定を元に戻せばよい。
1
デスクトップの「ごみ箱」アイコンを右クリック【長押し】し、メニューの「プロパティ」をクリックする。
デスクトップの「ごみ箱」アイコンを右クリック【長押し】し、メニューの「プロパティ」をクリックする。
2
「削除の確認メッセージを表示する」をクリックしてチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックする。
「削除の確認メッセージを表示する」をクリックしてチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックする。
3
設定変更後にファイルやフォルダーを削除すると、確認画面が表示される。削除するなら「はい」ボタン、削除しないなら「いいえ」ボタンをクリックする。
設定変更後にファイルやフォルダーを削除すると、確認画面が表示される。削除するなら「はい」ボタン、削除しないなら「いいえ」ボタンをクリックする。

エラーメッセージが出てファイルを削除できない

アプリで編集中のファイルを削除しようとすると、「ファイルは開かれているため操作を完了できません」と表示される。その場合は、アプリを終了してから「再試行」ボタンをクリックすれば削除できる。
1
アプリ(ここではパワーポイント)を終了してから「再試行」ボタンをクリックする。それでも削除できない場合は、「キャンセル」ボタンをクリックして削除を中止する。一旦、パソコンを再起動してから削除してみよう。
アプリ(ここではパワーポイント)を終了してから「再試行」ボタンをクリックする。それでも削除できない場合は、「キャンセル」ボタンをクリックして削除を中止する。一旦、パソコンを再起動してから削除してみよう。
一覧に戻る