500円でわかるウィンドウズ10 最新版

ウェブ特典
トラブル解決Q&A集

Q
パソコンの動作が突然おかしくなった!
A
ウィンドウズの機能で自動修正する
ウィンドウズ10には、パソコン内の問題点を診断して自動修正する「トラブルシューティングツール」という機能が搭載されている。音が出ない、マウスが動かない、Windows Updateが完了しないなどのトラブルが生じたときは、この機能を使って修正してみよう。

トラブルシューティングを使う

トラブルシューティングは、自動、または、対話形式で問題を解決する機能だ。問題が起きている項目(Bluetoothやプリンターなど)を選んでいくだけで、診断と修正を行うことができる。
1
スタートメニューの「設定」をクリックして、「設定」画面で「更新とセキュリティ」をクリックする。
スタートメニューの「設定」をクリックして、「設定」画面で「更新とセキュリティ」をクリックする。
2
「トラブルシューティング」をクリックする。ウィンドウズが問題点を自動検出した場合は、ここに表示される。表示されない場合は、「追加のトラブルシューティングツール」をクリックして手動で検出しよう。
「トラブルシューティング」をクリックする。ウィンドウズが問題点を自動検出した場合は、ここに表示される。表示されない場合は、「追加のトラブルシューティングツール」をクリックして手動で検出しよう。
3
表示された一覧から問題が起きている項目を選んで、「トラブルシューティングツールの実行」ボタンをクリックする。
表示された一覧から問題が起きている項目を選んで、「トラブルシューティングツールの実行」ボタンをクリックする。
4
ウィンドウズの自己診断が実行される。推奨する対策が表示されたら、「この修正を適用します」をクリックする(注)。問題が解決したら「トラブルシューティングツールを終了する」をクリックする。
ウィンドウズの自己診断が実行される。推奨する対策が表示されたら、「この修正を適用します」をクリックする(注)。問題が解決したら「トラブルシューティングツールを終了する」をクリックする。

トラブルが解決しなかったら!?

トラブルを引き起こしているのがウィンドウズの設定以外の要素の場合、原因を特定できずに問題を自動修正できないことがある。その場合は、パソコン本体や周辺機器メーカー、アプリ開発元などのサポートセンターに問い合わせよう。
(注)トラブルの内容によっては、診断対象を選択したり、アクセス許可を求める画面が表示されたりする。その場合は、画面の指示に従ってトラブルシューティングを進めればよい。
一覧に戻る