500円でわかるウィンドウズ10 最新版

ウェブ特典
トラブル解決Q&A集

Q
アプリが反応しなくなった!
A
タスクマネージャーで終了する
ワードやエクセルなどで大きいファイルを開いたり、複雑な処理を実行すると、キー入力やマウス操作を受け付けなくなることがある。しばらく待っても元に戻らない場合は、アプリが異常停止している可能性が高い。タスクマネージャーを開いてアプリを強制終了しよう。

アプリを強制終了する

異常停止したアプリは、ウィンドウ全体が白っぽくなったり、ウィンドウ上部に「応答なし」と表示されることが多い。数分待っても改善されないようであれば、アプリを強制終了しよう。
1
ウィンドウが白くなったり、「応答なし」表示された場合はアプリが異常停止している。このケースでは、ウィンドウ右上の「×」ボタンをクリックしてもアプリは終了できない。
ウィンドウが白くなったり、「応答なし」表示された場合はアプリが異常停止している。このケースでは、ウィンドウ右上の「×」ボタンをクリックしてもアプリは終了できない。
2
タスクバーの何もない部分を右クリック【長押し】し、メニューの「タスクマネージャー」をクリックする。
タスクバーの何もない部分を右クリック【長押し】し、メニューの「タスクマネージャー」をクリックする。
3
「タスクマネージャー」が起動する。問題が発生しているアプリ(ここでは「Microsoft Excel」)をクリックして選択し、「タスクの終了」をクリックすると、アプリを強制終了できる。
「タスクマネージャー」が起動する。問題が発生しているアプリ(ここでは「Microsoft Excel」)をクリックして選択し、「タスクの終了」をクリックすると、アプリを強制終了できる。

マウスで操作ができない

マウスを動かしてもポインターが動かない場合は、キーボードを使ってタスクマネージャーを起動しよう。
1
「Ctrl」キーと「Shift」キーと「Esc」キーを同時に押してタスクマネージャーを起動する。「矢印」キーでアプリを選び、「Alt」キーと「E」キーを同時に押して強制終了する。
「Ctrl」キーと「Shift」キーと「Esc」キーを同時に押してタスクマネージャーを起動する。「矢印」キーでアプリを選び、「Alt」キーと「E」キーを同時に押して強制終了する。
一覧に戻る